避妊薬は女性が自主的に避妊できる

避妊薬はあまり日本の女性の中では普及していません。
「よくわからないから怖い」「避妊は男性側に任せる」など使用しない理由は様々ですが、ピルには避妊以外にも効果があります。

まず一つ目は、生理トラブルの改善です。
月経周期が安定するだけではなく、月経痛、月経前症候群の緩和にも効果があります。
毎月の月経痛はとても辛いものです。
ひどい人は、あまりの痛みに仕事や学業に影響が出ることもあります。
その月経痛が、ピルを使うことにより落ち着きます。
また、イライラや肌荒れといった月経前症候群を和らげることも出来ます。
生理前はとにかく些細なことにイライラし、ブルーになります。
自分が辛いだけではなく周りの人たちにも迷惑をかけてしまいます。
その厄介な月経前症候群が抑えられ、明るい気分のまま、決まった日に生理を迎えることができます。

二つ目の効果は、婦人系疾患の予防が出来ることです。
子宮内膜症や卵巣がん、子宮体がんなどのリスクが、ピルを飲むことによりある程度抑制出来るということが、最近わかってきています。
排卵数を少なくすることにより、これらの婦人系疾患の予防が出来ます。

最後の効果は、妊娠しやすくなるというものです。
ピルの誤った認識として、「妊娠しにくくなる」といったものがあります。
しかし、本当はその逆です。
妊娠したくないときはピルを飲み、しっかり自主的に自分の体を管理します。
パトナーと話し合い、妊娠したいと思ったら、ピルの服用を中止すれば妊娠出来る体に間もなく戻ります。
ピルを使うと妊娠しにくくなるのではなく、ピルを使うことにより決まった時期に妊娠しやすくなると考えましょう。

以上が避妊以外のピル効果です。
ピルは女性が自主的に避妊を目的として使う最適な薬です。
パートナーがいない方もピルを使うことにより、安心して女性を楽しむことが出来ます。
月に一度の悩みを改善するためにも、ピル 効果を学んでみてはいかがでしょうか。

最近ではピルをネット購入する人も増えています。そんな方は是非購入前に下記サイトを参考にしてください。
ピル 通販