Monthly Archives: 12月 2014

避妊失敗…堕胎の覚悟はありますか?

避妊失敗により妊娠してしまった、妊娠しなかったが不安な日々を過ごしたという方は少なからずいらっしょると思います。

避妊失敗した72時間以内ならアフターピルという薬で妊娠を回避できます。

しかし、それ以降、妊娠してしまい、育てることができないとなれば、堕胎するほかありません。
以下は堕胎にかかる費用、日数、覚悟などをお話したいと思います。

堕胎手術にかかる費用ですが、この費用は妊娠がどのくらいの時期に入っているかによって大きく変わってきますし、病院によっても違ってくると思います。
妊娠初期ですと、数十万ですみますが、妊娠中期になると二十数万~三十数万程度かかります。
妊娠後期ですと堕胎はできません。

次に入院期間ですが、一般的に2日から6日といわれています。
しかし、これも本人の体調、病院によって入院期間はかわってきます。

次に、精神的な話です。
人によって堕胎してよかったとその後問題なく生活できる方もいらっしゃいますし、堕胎したことを後悔してノイローゼになる方もいらっしゃいます。
これは本人の性格、考え方によるものでどちらがいい、悪いとはいえません。

ですが、中絶、後悔で検索すると実に9万6千件もの数が上がってきます。
一切の後悔もなく幸せに生きていくという人は少ないのではないでしょうか?
産まない場合は堕胎の覚悟が必要になりますし、産むのなら育てていく覚悟が必要になります。
いずれにしても覚悟が必要です。

男性避妊の重要性

男性避妊の重要性が声高に叫ばれています。
男女間のセックスにおいては、妊娠を望まないのであれば、避妊の必要性があるのはいうまでもありません。
突然の出会いなどで、男女間の意識が高まり、急にセックスをする場合においては、ついつい避妊を忘れてしまいがちということができます。
避妊といえば、女性が、ピルなどの避妊薬を服用することが効果的であるといわれていますが、それ以上に効果があるとされているのが、男性の避妊であるといわれています。
具体的には、コンドームなどの避妊具の装着ということができます。
コンドームは、男性の性器に装着するものであり、精子が女性の体内に入ることを防ぐものであります。
かなりの効果があるとされています。
今般のインターネット社会の到来により、自宅にいながらにして、簡単にいろいろな情報を入手できるようになってきました。
大変に便利な時代になったということができます。
避妊に関する情報も多く見ることができます。
個人輸入というかたちで、日本では、販売されていない医薬品に関しても、輸入代行というかたちで手に入れることが可能である場合が多いとされています。
私たち一人一人が、きちんとした知識を持って取り組むことが重要であるといえます。

避妊薬を飲んでも効果がない例

いつの時代においても、避妊薬の必要性はなくなることはないといえます。
夫婦や恋人間での性行為の際に、妊娠を避けたいカップルが必要とします。
今般でも、避妊をきちんとしないことにより、望まない妊娠によって、多くの中絶手術などが行われており、倫理的な問題からも問題視されています。
また、女性の身体にも大きな負担になるといわれています。
そんな中で、脚光を浴びるのが、避妊薬の存在ということができます。
しかしながら、すべての避妊薬が効果を見せるわけではありません。
飲んでも効果がない例もあるとして、注意を喚起しています。
具体的には、性行為の前に、避妊薬を服用したのにもかかわらず、妊娠をしてしまったという例も実際におこっています。
そこで、勧められているのが、比較的、女性が妊娠しやすい身体の周期の際には、性行為を避けるということであります。
どうしても、しなければいけないという際には、女性の避妊薬の服用に加えて、男性がコンドームなどの避妊具を装着することが有用であるとされています。
男女共が、協力をすることにより、安心して性行為を楽しむことができるといえます。
インターネットの情報なども上手に活用して楽しみたいものです。